毎月25本ずつ届く500色の色えんぴつ。その魅惑的な色鉛筆達にはそれぞれ素敵な名前がついています。
1本1本の色と名前からイメージを膨らませて1枚1枚イメージを描いてゆく、とても素敵な時間を過ごさせてもらっています。

こちらは「深緑」色のページです。時折夢に出てくる深い深い森の奥を、この前半25本を見た瞬間にイメージしました。どこまでも静かでいられる唯一の場所になるような、そんな25枚を描いてみました。


-500色の色えんぴつ DARK GREEN Images- ダークグリーン系イメージ

(No.251~No.275)

新月の松林

新月の松林

苔むす石畳

苔むす石畳

シュツットガルトの森

シュツットガルトの森

シベリアの針葉樹林

シベリアの針葉樹林

柊のクリスマスリース

柊のクリスマスリース


睡蓮の浮かぶ古池

睡蓮の浮かぶ古池

プランター栽培のパセリ

プランター栽培のパセリ

恐竜のいた原生林

恐竜のいた原生林

孔雀の羽根

孔雀の羽根

クリスマスの樅の木

クリスマスの樅の木


お正月の門松

お正月の門松

プリンスエドワード島の夏

プリンスエドワード島の夏

スコットランドの蔦の洋館

スコットランドの蔦の洋館

南国の楽園

南国の楽園

春の七草粥

春の七草粥


ペパーミントの葉

ペパーミントの葉

小川の藻

小川の藻

瀬戸内に浮かぶ小さな島

瀬戸内に浮かぶ小さな島

ファラオの時代のナイル河

ファラオの時代のナイル河

避暑地の軽井沢

避暑地の軽井沢


青竹の一輪差し

青竹の一輪差し

八十八夜の茶摘み

八十八夜の茶摘み

京菓子と抹茶

京菓子と抹茶

草千里

草千里

梅雨の晴れ間の青梅

梅雨の晴れ間の青梅


-色鉛筆と一緒に・・・DARKGREEN- ダークグリーン系イメージ1回目(No.251~No.275)

2010年6月21日記:
500色の色えんぴつも、恐ろしいほどゆっくり仕上げた10回目のダークグリーンがやっと完成~♪結果的には夏前の梅雨空の時期に、この色でしめくくることができてとてもうれしい♪ やはりこの色なのでお題は葉や木など、植物系が多かったです。しかしかなり幅があったので切り込み方も多岐にわたることができて
とても変化のある25枚となりました。近影で描きたくなるもの、遠くからイメージできるもの、と想像はかなり膨らみました!
なんとなくアールデコっぽい、直線の描写が多かったかなあ、と終わって見返してみるとそんな感想。個人的ににはスタンダードに「八十八夜の茶摘み」なんて好きです♪ なかには「恐竜のいた原生林」なんていう、イメージするのがただただ面白かったものもあり、でした。この時期にクリスマスのトピックを2枚も描くと なんだか不思議な気分。今年のクリスマスはやっぱりまだ描いているんだろうなあ・・・。